マンドラゴラ育成園

パペガ・マジカとたまに私事をイラストで発信。むらっ気あるブログ。

今更だけど の続き。

続きの11層~ヘルヘイムまで



11層 スヴァジルファリ

人間の石工に変装して、ミズガルズの壁を建造した山の巨人が所有する魔法の馬。
この馬とロキとの子が、スレイプニルだそうです。
ロキの守備範囲の広さにびっくりだよw
ちなみに主人の巨人は、ミュルニルで討伐されます。


12層 ヴィゾーヴニル

輝く雄鶏。ユグドラシルの最も高い所に留まっていて、
ユグドラシルを明るく照らしているという。
こいつを殺す唯一の武器はレーヴァテインだが、
レーヴァテインを手に入れるにはこいつの尾羽が必要だそう。堂々巡りw


13層 ヴェズルフェルニル

トリネコ(ユグドラシルのことらしい)の枝に止まっている1羽の鷹。
の、眉間に留まっている鷹w
だからボスのわりに小っちゃいんだね。


14層 ヒルディスヴィーニ

愛の女神フレイヤの飼っている猪。
愛人の人間オッテルが化けているという一説も。
フレイヤは2匹の猫がひく車に乗ることもあるが、こいつに乗る事もあるそう。


15層 スルト

火の巨人。炎の剣を持っているとされる。
ラグナロクでは巨人のある一族をひきいて世界を焼き尽くすらしい。
火山を連想させるキャラクターみたいよ。


16層 グリンブルスティ

黄金に輝く猪。豊穣の神フレイ(フレイヤの双子のお兄さん)の乗り物。
水中でも空中でも馬よりはやく走るらしい。
この双子猪乗ってるけど、猪の乗り心地ってあんまり良くなさそうだなぁ。


17層 グリンカムビ

ユグドラシルに留まっている鶏。
毎日ヴァルハラの英雄達を目覚めさせるために時を作っている。
ラグナロクが近づいた時には神々に警告を与えたとか。


18層 マーナガルム

月の犬を意味する狼。
人間の国ミズガルズの東にある森に棲んでいた女巨人が産んだ巨人はみんな狼の姿だった。
巨人であることと、動物の姿をしている事って相反さないんですかね?
10層のハティを同一視されることもあるそう。


19層 ムニンとフギン

主神オーディンに付き添う一対のワタリガラス。
夜明けに放たれ情報を集めて夜戻ってきて、オーディンの肩に留まって今日の出来事を囁く。
オーディンが「2匹が帰ってこないかも」って心配することもあったって、なんかかわいいw


20層 ヨルムンガルド

ロキの子供の毒蛇。ミドガルズオルムとかミッドガルド大蛇との呼称もある。
いずれ神々の脅威になることを予見した主神オーディンが海に捨てたけど、
逆に海の底で成長、人間の世界ミズガルズをぐるっと取り巻いて尻尾を咥えるまでになった。
ラグナロクが到来する時海から這い上がり、その際大量の海水が陸を洗う。
津波かな?


ヘルヘイム ヘル

ヘルヘイムは死者の国で、そこを収めているのが女神ヘル。通称死神・髪の毛ババアw
ヘルの半身は青く半身は肌色をしているのは、半分死んでいて半分生きているからだとか。
北欧神話のなかで唯一使者を生者に戻すことができる。
邪悪な存在で冥界からたまにやってきて、人々を虐殺することもあるという。



以上、やっぱり北欧神話でした。

初めてフレンドさんにくっついて新層行った時、最初はわくわくしてました。
グラニは馬だけどイケメンだったし、セーフリームニルは初めて見るイノシシ型モンスター。
まわりのうりぼうも可愛い!
これからどんな新しいモンスターが出てくるんだろうって。わくわくうきうき。

ところがいくつか進んでみると、鷹と狼と猪と似たようなのばっかり。
「フェンリル色違いとか手抜きや…」なんて思ってたんですが、北欧神話縛りしてたとは。
手抜きじゃなかったんだ、世界観大事にした結果だったんだね。
しかもステージなり、ボスの属性なり、作れる武器・衣装なりにちゃんと関係するモチーフを盛り込んであったとは。
仕事しろアーティとか今まで思っててごめんなさい。
でももうちょっと違うシステムでもよかったと思うよ!




ちなみに王様とか関係あるんかなぁっと思ったので、同じくウィキペディアで検索するも北欧神話では見つからず。
ただモーリス(Maurice)がラテン語の「肌が黒い」から来た男性名だと発覚。
ケバダチさんが唱えたガテン系説が濃厚にw

そして、マリス(Malice)は故意・悪意の法律用語だそうな。
これはもしかして、ストーリーに関係するのでしょうか?


と、まぁ
こんな感じでざっくりした調べものでしたが如何でしたでしょうか?
ところどころ用語説明するのめんどくさかったから、端折ってますw
気になった単語は各自wikiで調べてね♪

これによって、よく新層行く方が新鮮な気持ちで巡ってくれたらといいな、と思いつつレポート終わりにしますw
スポンサーサイト
[ 2015/01/25 01:37 ] パペガ | TB(-) | CM(6)
レポートお疲れ様でした。
ミズガルズがなかなか出ないなぁと思ったら、パペガではヨルムン…の名称で出てるのですね。やはり!最後に出た〜!
大体わかるのですがパペガでの姿がまだわからないわたくし。
恐いから行く気無かったのですが、行きたくなってきました。

私の知ってる範囲では新階層に関してはバロック音楽ばかりだったので、その点でも5階層までより、かなり世界観を狭めて設定してるんだろうとは想像していました。
ここまで徹底して北欧神話に絞っているのなら、オーディン側のフレイとかバルドゥルとかも絡めたエンディングストーリーを期待してしまいますわ♪(イケメンいらっしゃ〜い♪)

ちなみに北欧神話が形成されたのって、日本では縄文の頃なんです。
そのくらい古い神話が今もいろいろな形で2次創作されてるって、すごいことですよね^^
[ 2015/01/25 15:15 ] [ 編集 ]
あ、そだ毒薬カクテルのことを付けたし。
スズメバチのそれって知らないけど、確か中南米あたりのだったはずです。(頭には荒涼とした赤茶けた高原(アンデスのような)が浮かびます)
普通に摂取しては毒なそれを、アルコールに垂らすことで、他の何かの毒を中和させる? ようなものがあると、聞いた記憶がうっすらとあるのです。(わかりませんw夢かもw)
[ 2015/01/25 15:20 ] [ 編集 ]
To ケバダチさん
ヨルムン…の名前で私は何度か聞いたことありますが、やっぱりラスボス級ですよね!
パペガではまだ会ったことないのですが、とっても大きいみたいですね。
フレンドさん達についていくのにやっとで、余裕を持ってボスを見てなかったけど、これを調べたら改めてステージやボスをちゃんと見たくなりました。
私も一緒に行きたい!

イケメンいらっしゃ~い♪してほしいw
シーズン2はイケメン枠まだいないですからね~。(萌キャラ枠はマリス)
黒幕には実は神様が絡んでいて…?!とかになったら風呂敷広げすぎかしらw
イケメンが出ることには期待してよう♪

>縄文の頃
なんと!そんなに古い時代に形成されてたのですね。
自国の神話じゃなくても惹かれたり共感したりするのは、ユングの言う普遍的無意識が私達に働きかけるからなのかなと考えたり。
実は心理学専攻だったんですよ。なのでかいつまんだ神話や昔話を扱う事が多かったんです。
そこから詳しく掘り下げるなんてことしなかったけどww
トリックスターについて学んだ時に代表例にロキとスサノオが書いてあってどんなエピソードがあるのかしら…って思ったのを覚えています。
新鮮に感じた部分もあれば、他の神話に似た部分もある。そういう事を思いながら今回調べてとても楽しかったです。
ロキのトリッキーさがすんごい気に入ったので、面白いお話探して読んでみようかな♪



>毒を中和させる
おぉなんかマジックのようだ…、グーグル先生に聞いたけど聞き方が悪いみたいですw
わざわざ入れるってことはきっとソレは美味しいんでしょうね、毒が無ければ口に入れたい!みたいな。
ベニテングタケも美味しいらしいです、食べすぎるともちろん死ぬけどw
ドリアンもお酒飲みながら食べると死ぬというし、美味しいって事と毒はあんがい近いのかも。
そのカクテル…どんな味なんだろう(*´Д`)
[ 2015/01/26 21:36 ] [ 編集 ]
魔探偵ロキ思い出したw

北欧神話とギリシャはみんな好きよねー。
パペガの今後展開に絡んでくるとなれば、あの卵がどういう仕事してくれるかすごくむふふです。

マリス、って色々つかわれるよね。
やっぱマリスのおじいちゃんは竜率いて国を滅ぼそうとしてるのかしら・・。
[ 2015/01/28 15:05 ] [ 編集 ]
To メアさん
魔ロキ!初めてロキの名前を知ったマンガだ~。
友達に借りて途中まで読んだけどあれってどう完結したのかしらw

>北欧とギリシャ
みんなというか創作する人?が好きよねー。
まぁギリシャ・ローマはスタンダード神話みたいな感じで、ちょっと色気を出すとエジプト・北欧に進んでいく…って感じじゃなかろうか。

あの卵どうなるかわくわく!はやく後半イベント来ないかな~。
マリス、うーん、可愛いからなぁ…w
マリス対モーリアスってなったら、我々パペットはどっちの味方になるんでしょうかね?
[ 2015/01/28 23:18 ] [ 編集 ]
やっぱ王様に従うべきなんだろうなぁ。
マリスのじっちゃんかわいいけど、名前が悪意なら、マリスは完全敵になるよねー。そういうの深読みしながらパペやっていくのも面白いかもしれないね。


とか最近アヴァロンにはまりこんでる私が言ってみる。
[ 2015/01/29 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する